HOME > 事業案内 > 就労移行支援とは

就労移行支援とは

  • 就労移行支援とは

    就労移行支援とは、障がい者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつです。
    企業で働きたい方を対象に、働く為に必要な知識・能力を身につけることができます。

    18歳以上65歳未満の方で、障がいがあり、単独で就職することが困難である為、就職に必要な知識及び技術の習得もしくは就職先の紹介、その他の支援が必要な方が対象となります。

※作業場は2Fになりますのでご了承ください。

対象となる方

  • 1、18歳以上65歳未満の障がいのある方

  • 2、「就労したい」「働きたい」という気持ちのある方

  • 3、就労訓練や生活の支援を受け、社会的自立を望む方

    ※障がい者手帳が無くてもご利用できるようになりました。
    新法施行により、難病など(神経性食欲不振症を含む特定疾患)の診断書があればご利用いただけます。

移行とA型の違い

項目 就労移行支援 就労継続支援A型
雇用契約 なし あり
利用料/賃金 年収によっては利用料あり 給料:支払われる
利用料支払いは年収によってあり
対象者 18歳〜65歳未満 18歳〜65歳未満
利用期間 2年
(場合によって延長あり)
定めなし

1日の就労プログラム例

ご利用者A様

施設外ありパターン

ご利用者B様

施設内作業